人間ドック予約を初めてしてみた

人間ドック予約初の人間ドックでバリウムの洗礼

人間ドック予約今まで会社の簡易な健康診断を受けたことはありましたが、しっかりと人間ドックを受けたのは今回が初めてでした。
どうせなら気分よく受けたいと思い、近所の改装したての病院へ予約を入れました。朝食を抜いて、当日の朝は水分も取らずに病院へ向かいました。
受付を済ませ、人間ドック予約着替えを渡され、やさしいスタッフの方に連れられて更衣室に行きました。新しく明るい雰囲気で、あまり楽しい気持ちにはなれない人間ドックも少しはくつろいだ気持ちでいられ、ここの病院でよかったと思いました。
その後しばらく待合室にいましたが、人間ドック予約そこにいる人は全員人間ドックを受けに来ている人でした。
名前を呼ばれ、まず身長や体重、採血や検尿、心電図や血圧などの基本的な検査を受けました。これらは会社の健康診断でも受けたことがあるものなので別段感想はありません。骨密度を測る時は初めてなのでどんな風に計測するのか興味がありましたが、かかとを機械に乗せてちょっと待つだけですぐ結果が表示されてびっくりしました。
人間ドックで何より嫌だと思っていたのは胃の検査です。周囲の人から色々な話を聞いて覚悟をして行っていましたが、いざ検査の部屋に呼ばれた時にはどきどきしました。人間ドック予約バリウムがまずいとは知っていましたが、その前に胃を膨張させるための炭酸の錠剤を飲むのはその時知り、それで少し動揺しました。人間ドック予約錠剤を口に含んだ瞬間からぶくぶくと泡立ち始め、少量のバリウムで飲み下したら胃の中が本当に膨れている感じになりました。げっぷをしてしまうとせっかくの膨張が抜けてしまうので我慢するよう言われ、必死でした。
その次に機械に乗った状態でバリウムのコップを渡されました。人間ドック予約ファーストフードのジュースのLサイズは軽くあるようです。検査のスタッフの人は別室に行き、その後の指示はマイク越しです。
「それではバリウムを2口飲みましょう。ごくごく!」と言われ飲みました。
機械が少し動き、「はい、続いてもう2口。ごくごく!」と言われます。
私は必死です。ヨーグルト風味の、テクスチャの重い液体を「ごくごく!」の掛け声と共に飲むのですが、飲めている感じがしません。最後に「では残りを全部飲みましょう。ごくごく!」人間ドック予約と言われた時には胃の炭酸が口から出てしまわないようにバリウムで押さえる感じで涙目で飲み干しました。どんな食べ物・飲み物も好き嫌いのない私が、飲むのにこんなに難儀した物はいまだかつてなく、炭酸のせいで苦しくて本当に拷問かと思いました。人間ドックを受ける人達がみんなこんな思いをするなんて信じられません。その後機械が動いたり、台の上で指示に合わせて自分が動いたりして、人間ドック予約必死なのにどこか冷静な自分が天井から自分を眺めていて、みっともなくて哀しい気持ちになりました。人間ドック予約この検査のスタッフの方は毎日こんな必死な形相でもぞもぞ動く人間を眺めていて気の毒だなぁ、と勝手にいらぬ同情の念までわきました。
とにかく無事全ての項目が終了し、ほっとしつつも疲れ果て、帰りに寄ろうと思っていた人間ドック予約ケーキ屋さんでケーキを食べる気分にもならずに帰途につきました。

人間ドック予約の結果と感想

人間ドック予約の結果が来るのは多少怖くもありました。理由は何か悪い結果が来たらどうしようという気持ちがあったからです。人間ドック予約私は普段、空腹時に腹痛を覚える時があり、痛くなってしまうと食事をしても痛さが続き、数時間治らないという症状になることがあります。胃かどこかに何か悪い所見があるのではないかと思い、胃の検査を含む今回の人間ドックを受診したというのが受診のきっかけでもあったのです。
約1か月後、人間ドックの結果が郵送されました。
色々な検査については、人間ドック予約多少体重が重いものの、問題なしでした。そこまではほっとしましたが、問題の胃の検査の項目に〝胃壁外性圧排〟との記載がありました。初めて見る言葉でした。〝経度の異常を認めます。定期的な検査が必要です(1年後再検)〟とあるだけでそれ以上の説明はありません。〝胃壁外性圧排〟というのが人間ドック予約空腹時の腹痛を引き起こすのかとネットで調べましたが、あまり関係がなさそうでした。また、特別急いで再検査を要するものでないならあまり心配するものでもなさそうでした。
このように疑問は残りつつ、大きな問題はなかったようでほっとはしました。
この人間ドックの結果の用紙と共に、人間ドック予約今回の結果について問診を希望する人は予約を承りますという旨の用紙も入っていましたが、〝1年後再検〟人間ドック予約と書かれているのに今すぐ問診を受けるのも性急な気がしてやめておきました。結局、もやもやした気持ちが残ったことも確かですので、今度人間ドックを受ける時には結果が出た後の人間ドック予約フォローも最初からついているようなところを探そうかな、と思います。

人間ドック予約また、苦痛の胃検査の後、もらった下剤を1回飲んだだけではバリウムは排出できませんでした。人間ドック予約翌日は仕事だったため当日中に出したいと焦り、帰宅後しばらくして再度下剤を飲み、待ちました。ネットで調べると〝水分をたくさん摂りましょう。〟とあったのでお茶をたくさん飲んでいたら、〝お茶はバリウムを固めてしまいます。飲む時は水にしましょう。〟との記述を見つけ暗澹たる気持ちで水を飲み直したりしました。結局は検査の日の夜遅くに無事排出できてよかったのですが、お茶がだめだという情報が本当かどうか今となってはわかりませんし、人間ドック予約バリウムを排出することについて、注意点など含め丁寧な説明が病院からあればよかったのに、という思いが残りました。
人間ドック予約次の機会に人間ドックを検討するならば、バリウムを飲むのではなく、人間ドック予約胃カメラか何か違う方法でしたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加